Isabella Stefanelli(イザベラ・ステファネッリ)

イザベラ・ステファネッリは南イタリアのプーリアという街に生まれ育ち、その街でテーラーハウスを営み、かつ偉大なテーラーだった父親のアトリエにて、物心ついた頃から手作業によって物を作る事を学ぶ。

 

その後彼女はイタリア マルケ州中西部にあり多くの文化遺産を擁する芸術の町として知られるウルビーノにて学生時代を過ごし、その地でファッションを学ぶ。

 

卒業後にミラノに移り、演劇の為のコスチュームやプライベートな顧客の為に衣装を製作する事で技術を磨き、その後キャロルクリスチャンポエルを始めとするいくつかのブランドにてヘッドテーラーとして仕事の経験。

2005年にイザベラはロンドンに移り、マハリシというブランドにおいてはメンズ、レディースのデザイナーとして、またニューヨークにてArtful Dodgerというアーティストの為にフリーランスのデザイナーとしてキャリアを積む。

 

その後の数年間は特に様々なブランドに対してのパターン開発を請け負い、中でもリックオーウェンスの依頼で、毛芯仕立てのテーラードJKやコートをデザインし、それに伴うパターン開発をしたり、その後ボリス・ビジャン・サベリのJK開発なども手掛る。

 

その後は彼女自身の幼少期の原風景にあるようなもの作りを掲げて、よりニッチなマーケットに向けたコレクションを製作する新しいブランドへの、特にアウターウェアのパターン開発および生産を請け負う。

 

父親の存在、テーラーとしての自分、絵画やアートなど、様々なものが彼女を突き動かし、もの作りを通じて物語る必要性を自覚していく。そして機が熟したと感じた彼女は遂に自身の名前の元、もの作りを始めた。

Isabella Stefanelli/Amedeo

皆さん、こんばんは。 現在Boards of CanadaのHappy Cyclingをリピートしまくり、ブログを書いてます。 彼らの楽曲だと、この曲が一番好きす。   本日はIsabella Stefanel […]

Isabella Stefanelli season Ⅳ collection “BREAK”

皆さん、こんばんは。 最近、坂本龍一氏のアルバムasyncが気分です。 なんか、ちょーどよい。   本日は新しく取り扱いを始めるレーベルを紹介します。   Isabella Stefanelli(イザ […]