DA'S/Sleeping Shirt

皆さん、こんばんは。

 

本日は私達が提案する製品DA’S(ダズ)より、新作のスリーピングシャツを紹介します。

元ネタは1980年代のロシア軍のパジャマでして、Vintageを型抜きしています。

が、これがメチャメチャ大変だった(パタンナー談)

ミリタリーなので個体差はあるだろうなって思ってましたが、そんな次元ではなかったんです。

なんと、前身と後身&袖部分にそれぞれ違う大きさのハギが入っているんです。ハギ入れまくり、バラっバラっ。

これは推測ですが、ミルスペックの仕様書の上がり寸になるよう、工場の縫子さんの感覚でハギを入れてるんでしょうね。生地もったいないし。

このハギのバランスがあまりにも可愛いので、ディテールを戴くことにしました。このままズバの型抜きだとつまらないので、全体的にパターンは補正しています。

サイズ展開は2サイズとし、ロシア軍のサイズ46をサイズ1、サイズ50をサイズ2としています。

 

ん〜これだけじゃ、リプロになってしまいます。

 

そこで、一度出来上がった製品をカスタマイズすることにしました。

イメージとしては、「二人目のオーナーが袖口をぶった切りカフスを自分で付けちゃった」感。

その辺に転がっていたズタ袋(70~80年前のやつ)をカットして、カフスに使用。

あくまで素人がテキトーにカフスを付けてるので、縫いはヘタクソ。カフスからステッチは落ちちゃってるし、糸調子は最悪。

ガゼットの付け方なんて、ちょー斬新。

 

と、いうのを職人さんにお願いしています。

カフス部分の見た目は雑ですが、しっかり縫ってますのでご安心下さい。

綺麗な部分と雑な部分のアンバランスな感じが気にいってます。

 

あっ、そうそう、オリジナルは綿麻(多分)なんですが、ズバやリネン100%ではなく、機屋さんが仕込んでた和紙糸100%で織ったツイルを使わせてもらいました。

和紙といっても原料はマニラ麻をパルプ化してるので、リネンに近いです。ただ圧倒的に違うのは軽さと表面の毛羽の少なさ、そして肌触りのよさ。夏涼しく、冬は暖かい。日本のイヤな湿度に勝てる素材です。

 

スイヤセン、すげー長文になっちゃいました。。。

気になりましたら、是非ご試着下さいませ。

それではまた。

DA'S/Sleeping ShirtIMG_9807IMG_9725IMG_9728IMG_9730

 

 

 

DA'S / Sleeping Shirt / Made in Japan
  • color: paper white / 100% japanese paper / size: 1. 2. / ¥ 26,000(without tax)