Isabella Stefanelli/Amedeo(イザベラ・ステファネッリのアメデオ)

皆さん、こんばんは。

現在Boards of CanadaのHappy Cyclingをリピートしまくり、ブログを書いてます。

彼らの楽曲だと、この曲が一番好きす。

 

本日はIsabella Stefanelliのseason collection “BREAK”より、1つボタンのジャケットを紹介します。

 

Isabella Stefanelliの洋服は特定の人物をイメージして作られており、

今回紹介するのはイタリア人の画家Amedeo Modigliani(ググって下さい)からインスパイアされています。

付属されているタグにはAmedeo(アメデオ)氏をイザベラさん自身がどんな風に捉え、洋服に落とし込んでいるかが記載されています。

 

このAmedeoはパッと見は簡易的に作られたジャケットのようですが、実際に着用すると、ちょー計算されまくり作られたものだということが分かります。

羽織ではなく、きちんとした技術の元に構築されたテーラードジャケットです。

極限まで削ぎ落とされたジャケット、といったほうがしっくりくるかもしれません。

 

コンパクトな独特の襟、やや長めの着丈、生地端(セルビッチ)を利用した袖口と裾部分、シンプルだけど、とても強さを感じる服。

縫製もマシンとハンドを駆使し、イザベラさん本人が手掛けています。

アームホール、肩線、etc..はミシンによるフレンチシーム、ボタンホールやポケット袋布、前合わせ部分はハンドステッチです。

使用している縫製糸もかなり特殊でして、本来は登山用品なんかに使われているもの。

あっ、そうそう、前合わせ部分は断ち切り仕様す。

そもそも裾をセルビッチにする為、生地を横使いしています。

なので、前合わせ部分は切りっぱなしだと通常はほつれてきます。

でも、イザベラさんはこの部分にハンドステッチを入れ、ほつれないようにしているんです。

しかも、その糸が肉眼(私が老眼ってのもある 笑)では見えないんですよ。

うぉ〜すげー。

そのまんまで恐縮ですが、消えたステッチ(笑)

 

素材はそれぞれ異なる4種類の生地でオーダーしました。

イタリアの職人が手機織機で手掛けるD1とD2、日本の機屋がシャトル織機で仕上げたS4とS5、全てIsabella Stefanellの為に作られたスペシャルファブリックです。

原料もイタリアンリネン、イタリアンコットンorモヘアリネン、シルクリネン、コットンリネン、とそれぞれテキスタイルごとに使い分けています。

生地を見て頂ければ分かりますが、イザベラさんがテキスタイルデザイナーとしても優れていることが窺い知れます。

 

フィニッシュに製品染めが施されており、本人が一着一着天然染色で仕上げています。

今回のコレクションでは主にbrazil wood、weld、black tea、green teaを使用しています。

 

いやぁ〜ここまで書いてて思ったのですが、こんなに作り込んだ洋服ってナカナカないですよね?

そりゃ〜ハイプライスになるよなぁ。

*プライスについてはお問い合わせ下さい。

 

あっ、そうそう、サイズ展開はあえて、サイズ5オンリー。

ガバッと着ちゃって下さいね。

 

ふつーの服では満足出来ない方、究極の自己満を目指す方、一着いかがでしょーか?

 

それではまた。

—————————————————————————

ご来店は予約制となっております。

お電話にて(メールではご予約できません)ご予約をお取りください。

Isabella Stefanelli / Amedeo / Handmade in England

base:D1(twill rigato)/color:black olives/material:50% linen,45% cotton,5% wool mohair/size:5/price:ask

base:D2(twill losanga)/color:roots/material:50% linen,45% cotton,5% wool mohair/size:5/price:ask

base:S4(alternate twill)/color:kalamata/material:50% linen,50% silk/size:5/price:ask

base:S5(herringbone plain)/color:slate/material:50% linen,50% cotton/size:5/price:ask