TENDER Co./Type 440 Folded Pocket Shirt "prussian blue dyed"(テンダーのバーバーストライプ柄のシャツ)

皆さん、こんばんは。

 

本日はTENDER Co.(テンダー)2017秋冬コレクションより、新型のシャツを紹介します。

 

テンダーのシャツがリリースされたのって、一番最初がプルオーバータイプのマイナーズシャツで、次がグランパタイプのテイルシャツだったかな。

当時はあんなシャツどこも作ってなかった。

男の定番!!みたいな感じでオックスフォードのBDシャツ全盛だったし。

なので、正直売れるまで店頭でも時間がかかったなぁ。

 

テンダーのシャツは似たようなものが多いけど、でもね、着比べるとどれも全然違う。

肩線がなかったり、後ろ丈が長い&短い、ポケットの形状が何種類もあったり、あぁ、カフスも何パターンもあるなぁ、etc…とディテールフェチにたまらんす。

基本的にはワークスタイルですが、少しだけドレッシーというか、上品な感じがするんです。このバランス感がいいんでしょーね。

 

今回のシャツはネーミングどおり、折りたたんだポケット部分が特徴的なデザイン。

前身頃を長めに裁断し、裾を折りたたむことにより、ポケットを構築しています。

なので、ポケット部分の底にハギがありません。

折り紙的な発想ですが、テンダーらしさというのが感じられるデザインだと思います。

 

素材も変わっていて、経糸に生成りの甘撚りのコットン、緯糸に生成りのウール糸に赤と青の糸で撚ったトリコロールカラーのトップ糸を使い、ストライプ柄に織っています。

イメージソースは、なんとっ、床屋さんのバーバーポール(くるくる回ってるやつ)なんです。

しかもね、プルシアンブルーでオーバーダイしてるので、生地表面にエンボスがぼこっとしてて、ちょー可愛いす。

 

シルエットはテンダーにしては(縮んでるってのあるけど)若干タイトめ。

細身の方はいつもよりワンサイズアップで着るのもよいし、マッチョな方はボディコンで着るのもよろし。

あっ、そうだった、今シーズンは屋根裏で見つけた古い洋服のようにシャツやジャケット、コートをオーバーサイズorアンダーサイズで組み合わせて着ちゃってね、でした。

なので、好きに着て下さいね^^

 

個人的にはトップスはウールのテーラードジャケット、ボトムはテンダーの132かTUKIのコンバットパンツ、シューズはクイルプって感じで着たいなぁ。

どうやって着ようかなって、あれこれ考えるのって、楽しいですよね。

あっ、そうそう、私は毎朝クローゼットを開けてあれこれ悩んでる間に、愛猫の侵入をゆるし、コートの裾に毛がつきまくるというのをループしてやす(笑)

 

気になりましたら、是非。

それではまた。

—————————————————————————

ご来店は予約制となっております。

お電話にて(メールではご予約できません)ご予約をお取りください。

TENDER Co. / Type 440 Folded Pocket Shirt "prussian blue dyed" / Made in England
  • color: prussian blue / 50% wool,50% cotton(wool-cotton barber stripe) / size: 3. 4. / ¥ 42,000(without tax)