tagliovivo / work suit(タリオヴィヴォのワークスーツ)

皆さん、こんばんは。

明日から3連休ですねぇ。

都内は大雪の予報ですが、今のところじぇんじぇん大丈夫ですね。

大きな混乱がないことを願うしかありません。

 

まだまだ寒いですが、2022年春夏シーズン入荷のお知らせとなります。

まず最初の入荷は、、、

tagliovivo(タリオヴィヴォ)のジャケット&パンツです。

あれ?タリオヴィヴォってバッグのブランドじゃなかったっけ??

そーなんです、今シーズンから本格的にスタートするんです。

(実はね、数年前にレザーシャツをリリースしてたんですよ)

もちろん、バッグも今までどおり展開しますよ〜。

 

まず素材ですが、vintage canapaです。

ヨーロッパ古着ヲタの方ならカナパはご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

この生地は1900年初頭〜中期くらいにイタリアの一般家庭で織られたものです。

所謂、手紡ぎ手機ってやつす。

主に洋服、テーブルクロス、ナプキン、穀物袋等に使用されていました。

原料が大麻となる為、生産に関して制限が厳しくなり1950年以降は生産出来なくなったようです。

今回タリオヴィヴォのジョルダーノ氏が当時の生地をまとまった数量入手し、表現方法の一つであるハンドダイを施したスペシャルファブリックとして登場します。

カラーはブラックですが、手染め独特の雰囲気がハンパないす。

あっ、染めといっても染料釜に水と染料を入れたズブ染めではありません。

ジョルダーノ氏が1枚1枚手作業で染料を生地に塗り込んでいく手法となります。

以前ウチでイベントをおこなったやり方に近いです。

ふつーね、こんなこと思いついてもやりませんよ。

実際に試して頂くと分かりますが、布地に染料を塗り込むのはめちゃめちゃ大変です。

根気よく何度も何度も作業を繰り返すのは至難の業かと思います。

ムラ感を出すのもセンスがいるし。

その素材で洋服を作る。

こりゃ〜洋服好きにはたまりませんなぁ。

今回リリースするアイテムは、ワークジャケットとワークトラウザーズです。

 

ジャケットはフレンチビンテージなんかで見られるものにニアす。

フロントのVポケ、後ろ身頃側に入った肩線、袖口の始末は1940年代頃のフレンチのワークジャケットに見られるもの。テーラードジャケットのように前振りがきいた袖が着用時の運動量&見た目が美しいです。小ぶりな襟もいい感じ。

 

トラウザーズは私達日本人の体型にハマりやすいシルエットをしています。

フロントポケットの作りがユニークでして、フラップ部分を上げ下げすることが出来るので、合わせるトップスで変えてみるのもよいと思いますよ。

あっ、フラップ部分にレザー(お馴染みのクラッタす)が挟み込んであり、とてもよいアクセントになっています。

 

洋服の生産に関しては日本でおこなっています。

丁寧なミシンワーク、雰囲気のあるハンドステッチがいい感じですよ。

それぞれ単品で着るのもよいけど、あえてスーチングするのもイカしてますねぇ。

あっ、そうだった、数量が多くないので気になる方は早めのほうがよいと思います。

明日2/11(金)より店頭販売スタートします。

 

気になりましたら是非。

それではまた。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止につきまして、当店での対応についてご案内致しております。

詳細についてはこちらをご覧下さい。

—————————————————————————

ご来店は予約制です。

お電話にてご予約をお取りください。

 

[TV-JK02/ワークジャケット]

ワークジャケットが気分って方も多いんじゃないでしょーか?

黒いワークジャケットをお探しだった方も是非。

 

[TV-PT01/ワークトラウザーズ]

ロールアップすると裏面の白(裏は染まっていません)が出るので、とっても可愛いですよ。

短靴やブーツとの相性もグンバツす。

 

 

  • tagliovivo / work suit / Made in Japan
  • jacket / color: black / vintage canapa / size: S , L / ¥ 137,500(within tax)
  • trousers / color: black / vintage canapa / size: M , L / ¥ 83,600(within tax)