DA'S/Defense Cap “Silk”(ダズの夏にかぶれるニットキャップ)

本日2度目のブログアップですっ。

続いては私達が提案する製品DA’S(ダズ)のニットキャップを紹介します。

 

おっと、この時期にニットキャップ!!

って思うでしょーが、素材がシルク100%なんで(多分)大丈夫ですっ。

シルクは夏に涼しいという特性があるので、私も期待しています。

形は昨年リリースしたウール素材のものと同じです。

ウールと比べると薄く感じますが、同じゲージで編んでいます。

まあ、夏にボリューミーなものをかぶってると、見た目が暑苦しいので個人的にはちょうどよいなって思います。

シルクなので、ギラギラしちゃうんじゃないの?って思った方、そこはノンノンノン。

 

え〜と、ここから妄想劇場スタートです(笑)

以前も登場したDunnさんは1年中ニットキャップをかぶってます。

真夏にウール素材のものをかぶっていたら、汗疹がハンパなかった。

見た目はハーコーなのに、ちょー敏感肌というギャップを本人が気にしているのはここだけの秘密す。

そこでDunnさんが閃いたのが、シルクなら真夏でもいけるんじゃない?ってこと。

ギラッとしたシルクじゃなくて、もやっとした感じが好みなので、シルクの落綿を使ってます。

しかもね、ウールのやつはボタンを付けてかぶるけど、シルクはイヤ。

理由は「シルクはボタンじゃないのよ〜、HAHAN♪」だそうで。

でもね、自分なりの帽子のかぶる位置があるらしく、目印として編み地に一手間加えてます。

「これがあれば、暗闇でもダイジョーブ」って言ってましたが、多分嘘だな(笑)

以上妄想劇場おわり。

 

真面目な話、パッと見はリネンぽい雰囲気です。

触るとシルク独特のしなやかさなので、綿やリネン素材のものとの違いを感じるはず。

試して頂くと分かりますが、ベタッと肌につかないのでノーストレス。

あ、Dunnさんの言う「暗闇でもダイジョーブ」ラインは暗闇で光りませんのであしからず(笑) でもこのアイデア、よいアクセントになってると思います。

是非一度試して頂けたら嬉しいですっ。

明日7/13(土)より店頭販売を致します。

 

それではまた。

—————————————————————————

ご来店は予約制となっております。

お電話にて(メールではご予約できません)ご予約をお取りください。

DA'S / Defense Cap “Silk” / Made in Japan
  • color: dusty black / 100% silk / size: F / ¥ 7,800(without tax)
  • color: greige / 100% silk / size: F / ¥ 7,800(without tax) sold out