OMAR AFRIDI/Bound Balmacaan Coat "Heavy Irish Linen"(オマールのバルマカーンコート)

皆さん、こんばんは。

毎週水・木はお休みですので、ご注意下さいませ。

 

本日はOMAR AFRIDI(オマール・アフリディ)のバルマカーンコートを紹介します。

むむ、今日って真夏日だったよね?って声が聞こえてきそうですね(笑)

こんな日だからこそ、今着れない洋服を紹介しようかと思います。

 

個人的な話を少ししますね。

私は古着の欲しいものリストみたいなものがあって、そういったものを一年中探しています。

見つかれば、真夏にウールコートやセーターを喜んで買います^^

何年も探しているものもあれば、たまたま出会ってしまったもの(これが一番嬉しい)もあるので、永遠に終わらないと思うんです。

あっ、私はコレクターではありませんよ。単純に着たいから探すだけです。

 

ウチが取り扱いしているブランドは大量生産型でもないですし、取引先も意図的に絞っています。

なので、一度買い逃すと次に出会える(二次流通でも)可能性は低いと思います。

欲しかったのに売り切れてしまった。。。

そーなると、洋服ヲタはめちゃ探すんですよ。

見つからないと似たようなデザインの洋服を買ってみるんですが、これが絶妙に違う。

結局目当てのものが見つかるまで探しまくるわけなんです。

皆さんも経験ありませんか?

私はめちゃくちゃありますよ(笑)

 

このオマールのバルマカーンコート、生産数はそんなに多くはない気がします。

(オマールチーム失礼なこと言ってごめんなさい)

ぶっちゃけ、春夏シーズンでヘビーリネン素材のコートって需要ないと思うんです。

でも、そこじゃないの。デザイナーが今これが作りたい!って考えた洋服を店に並べて販売するのが私達の仕事です。

日用品を売っているわけではありませんので。

 

話がずれてしまい、スイヤセン。

このコートの素材はリネン100%です。

オマールチームからはアイリッシュリネンと聞いてますが、詳細は分かりません。

現在アイルランドでは原料であるフラックスを生産していないので、機屋さんがデッドストックの糸で織ったか、生地自体がデッドストックかと思われます。

 

シルエットはオーバーサイズではなく、程よくゆとりがある綺麗なフォルムです。

袖の形状はラグランスリーブ。キレイな袖のシルエット、そしてバーバリーの1枚袖のように肩がきちんと落ちます。

着丈はロングです。この長さのコートをお探しの方にはたまらんはず。

全体的にクラシックな雰囲気でありながら、POPな毒が混ざったかのビジュアルです。

こういうデザインのコートって意外と少ないなって思います。

 

つーことは、ね、気がつきましたよね?

買い逃したらアウトです。次はないでしょう。

皆さん、欲しい時に手に入れましょう!

着れる時期が来るまでは眺めて酒のツマミに。

そして、これから着れる!ってタイミングをスタートラインに立って待ちましょう。

なーんてことを、いつも私は自分自身に言い訳をして日々過ごしているんです(笑)

 

気になりましたら是非。

それではまた。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止につきまして、当店での対応についてご案内致しております。

詳細についてはこちらをご覧下さい。

—————————————————————————

ご来店は予約制です。

お電話にてご予約をお取りください。

 

[黒いヘビーリネン]

ややモヤっとした渋い黒の色味です。

生地の迫力もあるせいか、雰囲気が凄いです。

 

 

OMAR AFRIDI / Bound Balmacaan Coat "Heavy Irish Linen" / Made in England
  • color: black / linen 100% / size: M. / ¥ 203,500(within tax)