ACRONYM/J64TS-S Tec Sys Modular Liner Jacket(アクロニウムのライナージャケット)

皆さん、こんにちは。

本日はACRONYM(アクロニウム)2017秋冬コレクションより、新型のライナージャケットを紹介します。

 

2016秋冬コレクションからライナーという発想が加わり、高機能素材の可能性というか、超絶感が増しました。

だって、GOREのプロシェルにSTOTZ社のEta Proofとか、2L GORE WINDSOPPER+CLIMASHIELDって、ブッ飛びすぎ。

有事の際には、まじでサバイブ出来るウェア。

このジャケットも2016春夏シーズン以降の(一部ね)シェルであれば、合体出来ます。

 

画像を見て頂くと、ツッコミどころ満載のビジュアルをしてますが、着てみると案外ふつーです(笑)

フロントのウェビングテープはMOLLEシステムと同規格なので、ミリタリーショップで売られているポーチ類を取り付け可能す。

でも、やりすぎはNG。

ほどほどがよいす、マイナスの美学。

 

あとね、袖部分は取り外し可能なので、レイヤーが楽しめると思いますよ。

あっ、そうそう、手の甲部分にコンシールファスナーがありまして、そこを開閉すると腕時計が見れるんです。時計好きにはたまらんですね。

 

身頃の素材はスイスのSTOTZ(シュトッツ)社のEta Proofでして、超高密度の綿100%綾織り。(簡単にいうとベンタイル)

袖部分はこちらもスイスのSCHOELLER(ショーラーとシェーラーの間かなぁ、あぁ、発音難しい)の3XDRY DRYSKINです。

 

ん〜毎回ACRONYM商品紹介のブログ書いてて思うんですが、民間用を飛び越え、限りなく軍用に近づいていると思います。

本当っ、すげーの一言。

だからね、男子は着ちゃうと、もうダメ、所有したくなる。

やっぱり、ここの服は何度見てもかっこいいんだよなぁ。。。

 

・Jacket Sling,ジャケットを脱いだ際に背負えるストラップ。表面にも装着可能。

・AuxZip units,同規格のACRONYMのシェルであれば、装着可能。

・ACRONYM Tec Sys,MOLLEシステムと同規格であれば取り付け可能。

・ポケット数:2つ

 

気になりましたら、是非。

それではまた。

—————————————————————————

ご来店は予約制となっております。

お電話にて(メールではご予約できません)ご予約をお取りください。

ACRONYM / J64TS-S Tec Sys Modular Liner Jacket / Made in Czech Republic
  • color: black / 100% cotton(STOTZ Eta Proof), sleeves/65% polyamide,26% polyamide micro,9% elastane(SCHOELLER 3XDRY DRYSKIN) / size: M. L. / ¥ 208,000(without tax)