ACRONYM/J63A-FO 2L Gore-Tex Infinium Film Out Jacket(アクロニウムのマルチポケットフーデットジャケット)

皆さん、こんばんは。

少しずつ寒くなってきてますね。

早くあったかいアウターが着たい!

 

本日はACRONYM(アクロニウム)2018秋冬コレクションより、マルチポケットフーデットジャケットを紹介します。

 

アクロニウムの型番は[J63A-FO]といいまして、GORE-TEX社の新素材”INFINIUM”を使用したジャケットです。

むむ、インフィニウムとはなんぞや?ってなりますよね。

初めてこの素材を触った時は「これ、ラムレザー?」ってビビりました。

そいで説明を聞き、またまたビビったす。

だってね、メンブレンを外側に使うって発想がスゴイ。

 

ご存知の方が多いとは思いますが、これまでのGORE-TEX社の素材は、表地にナイロンタフタなどの素材を貼り、内側のメンブレンを摩擦等から保護してました。

裏地とサンドイッチにした3レイヤー(3層構造)や裏地のない2レイヤー(2層構造)といったものがほとんどです。

このインフィニウムは表地をなくし、メンブレンを露出させています。

撥水性が持続する表面は、弱い雨や雪を弾き、水が表面を転がり落ちます。

街着として、最高に快適なスペックを誇る素材です。

 

最初からそーすりゃいいのにって思うかもしれません。

でもね、技術的に難しかったみたいす。

あっ、そうそう、フリースをボンディングしてるので東京近郊は真冬もモーマンタイ。

ちょー寒い場所に行く場合は、アクロニウムのプロシェル素材のジャケットと合体させれば、最強ですっ。

 

このジャケットは素材がスペシャルなだけではありません。

デザインも流石、アクロニウムです。

肩線をなくすことにより、繋ぎ目からの雨の侵入がなく、またビジュアルも美しい。

ポケットが7つあるので、荷物が少ない方はカバンが必要ないかもしれません。

袖口はサムホール仕様なので、寒い日は手袋いらず。

あっ、フロントはダブルファスナーです。

 

今年のアウターはこれだ!よっしゃ〜いったれって方、今年こそアクロニウムのアウターが欲しかった方、是非GETしちゃって下さいね。

 

・Jacket Sling,ジャケットを脱いだ際に背負えるストラップ。表面にも装着可能。

・AuxZip units,同規格のACRONYMのシェルであれば、装着可能。

・ポケット数:7つ

 

気になりましたら、是非。

それではまた。

—————————————————————————

ご来店は予約制となっております。

お電話にて(メールではご予約できません)ご予約をお取りください。

ACRONYM / J63A-FO 2L Gore-Tex Infinium Film Out Jacket / Made in Czech Republic
  • color: black / body:80% polyester,20% ePTFE・lining(sleeves):100% polyester / size: M. L. / ¥ 226,000(without tax)